会計事務所に最適な求人情報|自分の持ってるスキルが活かせる

会社を見極めることが重要

乗客

待遇や処遇は会社毎に違う

タクシードライバーとして転職する際にはタクシー会社を選ぶ基準を見極める必要があります。町中を走っているタクシーはどれも同じように見えますが、実は会社によって勤務体系や給与体系など細かく違います。また大手や中小などタクシー会社の規模によっても異なることがあるため、タクシー会社の実情をよく研究しておくことが大事です。転職しても勤務体系や待遇が合わずにすぐに辞めてしまうこともあるのが実情となっています。オートマだけの車種や二種免許取得の養成など福利厚生面にも目を向けておくことがベストです。タクシー運転手の給与は固定給以外にも歩合給があります。営業成績に応じて歩合給が加算されるのです。この歩合給で高収入を得ることができている運転手もいます。

給与は歩合制度

大手会社に入社すると専用の乗り場やタクシーチケットでの乗車など中小の会社では経験できないことも経験することができます。一定のクラスの顧客が毎月利用してくれる安定性があるため高収入につながりやすいメリットはあります。しかし、その分給与の歩合制が低くなっています。やはり新規の顧客を努力で勝ち取る中小の会社のほうが歩合給の割合は高くなっています。また大手はそれなりに品質も担保します。そのため接客や営業成績に関しては厳しく管理される傾向があり、自由度は低くなっています。どのドライバーでも同じ品質を目指しているからです。タクシー会社への転職は歩合率など給与の面と自分に合った勤務体系で働けるかを考慮したうえで転職活動を行うことが大事です。