会計事務所に最適な求人情報|自分の持ってるスキルが活かせる

会社選びが重要

並んでいるタクシー

勤務条件などは会社毎

タクシードライバーを目指す場合、そのタクシー会社を選択するのかが重要になってきます。数あるタクシー会社はどれも同じように見えますが、それは利用する側の意見です。実際にタクシー会社で勤務するとなると話は変わってきます。雇用制度や勤務体制、給与など働く側の重要視する要件が自分の希望とあっているかを事前に確認しておく必要があります。二種免許をまだ持っていない人は二種免許養成の制度が準備されているかなども必要要件です。毎日運転する車両がオートマ車のみかどうかも洗濯の基準となります。タクシードライバーの給与体制はほとんどが歩合制です。営業走行した距離や時間に応じて立つ売り上げの割合が歩合給として支給されます。

大手が良いとは限らない

深夜などは料金が割り増しになります。売り上げに対しての歩合になりますので、交通機関がなくなりさらに料金が割り増しになる深夜時間帯は稼げます。すなわち夜勤を中心に稼働している人は日勤を中心としている人よりも給料が多くなる傾向があります。しかし生活のリズムが夜勤中心になるため、年齢を重ねるとつらい仕事になります。タクシードライバーで就職するのであれば、大手が必ずしも良いわけでもありません。大手はタクシーチケットを利用する顧客が多く、チケットの場合は歩合の率が低くなるのが一般的です。そのため中小のタクシードライバーのほうが稼げるケースもあるのです。タクシードライバーの武器は道を知っていることです。できる限り地元で就職するのが理想になります。